【カナダ留学】私がカレッジでBakingのコースを選んだ理由


【カナダ留学】私がカレッジでBakingのコースを選んだ理由

私がカレッジを卒業してからもうすぐ2年、

トロントにあるパティスリーで働きだしてから丸2年が経過しました。(現在は退職しています)

途中、カナディアンのベーカリーで少しだけ働いたり、

このベーキングブログを始めたりと、Bakingに携わってから本当にいろいろと経験できました。

ところでなぜ、私がカレッジ留学するにあたって、

Baking and Pastry Arts」というコースを専攻したのか、

今更ながら振り返ってみたいと思います♪

 

日本のキャリアを活かすか、好きなことを学ぶか

 

カナダでカレッジに進学しよう!と思ったのは、

ワーキングホリデーでトロントに来てから半年も時間が経っていないころでした。

なぜそんなに早い段階でカレッジに進学をしようと決めたのかというと、

まず第一に今の旦那さん(当時は彼でした)の影響が大きかったです。

そのころ旦那さんはすでにカレッジに通っていて、

学校の話を聞いていると課題とかテストとか大変そうだな〜と思いましたが、

海外での大学生活がとっても魅力的に思えました。

 

第二に、私には昔から海外の大学に行ってみたい!という夢があって、

日本の大学に通っていたときに英語圏への交換留学を考えたことがありました。

でも、私が大学時代にもっとも打ち込んでいたのが、体育会のクラブ活動。

週5回、放課後に夜までみっちり練習があり、週末は試合のためにあちこちに遠征。

体育会系の部活は大変だったけれど、すごく充実していました。

そのため、長期間休学することが必要な交換留学をすることを諦めたのです。

 

カナダのカレッジは専門的なコースが多いので、

あらかじめ将来なりたいもの、やりたい仕事を決めておく必要があります。

そこで、日本で銀行員として働いていたキャリアを活かしたコース(例えばPayrollやAccountingなど)を選ぶか、

自分の趣味や好きなことをあらためて学んでみるか悩みました。

今思うと、おそらくカナダで就職するためには英語力はもちろんのこと、

今までの経験や職歴がかなり重要なポイントになってきます。

実際に、ワーホリで来た日本人の友達も日本での職歴(技術系です)が功を奏して、

カナダでの学歴や職歴が一切ないにもかかわらず、

カナディアンの会社にフルタイムで就労することができていました。

 

好きなことを仕事にしたいという想い

 

そう思うと、日本でのキャリアを活かしてカナダでもさらに学ぶのがベストな気がしますが、

銀行などの事務系の仕事は何がなくてもまずはネイティブと対等に話せる英語力が問われると思いました。

ワーホリで来たばかりの私にそんな英語力があるはずもなく、

PayrollやAccountingなどの勉強は興味がありましたが、選ぶことはしませんでした。

 

それと、銀行を退職したときに思ったのが、

「次こそは自分の好きなことを仕事にしたい」

ということでした。

銀行の仕事もとてもやりがいがあって面白かったですが、

それが好きな仕事なの?と言われると、そんなことはないな〜と思っていました。

 

カレッジのプログラムに目を通してみて、

一番惹かれたのが「Baking and Pastry Arts」というコースでした。

もともとお菓子やパンを作ることが好きで、ABC Cooking Studioに通っていたこともありました。

特にお菓子に関しては、食べることが本当に大好きなので、

なんとなく「お菓子作りを勉強してみたいな」と思ったのです。

 

英語力に自信がない人でも大丈夫なコース

 

Bakingのコースに限らず、料理やデザイン、プログラミングなどのIT系、

メイクやエステなどの美容系、建設など、

いわゆる「手に職」系のコースは、英語力に自信がない人でも比較的選びやすいコースだと思います。

もちろんほとんどがネイティブの先生や学生なので、

カレッジ入学レベルの英語力は必要になってきますが、

もともとその分野での知識や技術を趣味程度でも持っている場合

授業の内容も入ってきやすいという利点があります。

まったく初めて勉強する場合は、IT系はちょっと難しいかもしれないですけど。

 

Bakingや料理に関していえば、これらのスキルって英語力あんまり関係ないんですよね。

英語のレシピが読めて、先生の説明が理解できれば実技のクラスはほとんど問題ないです。

ただし、実技以外のクラス(例えば栄養やベーキング理論など)は、

専門用語も含めて英語力があるに越したことはないと思います。

 

まさかカナダでパティシエになると思ってなかった

 

パティシエ(pâtissier / pâtissière)はフランス語なので、

カナダではPastry chef / Pastry cookと呼ばれますが、主に製菓に携わる職業を言い、

主に製パンに携わる職業はBakerと呼ばれていることが多いです。

 

実はカレッジ卒業後の進路を真剣に考えていたわけではなく、

本当になんとなく「大好きなお菓子を作ることを学んでみよう」と、

半分習い事感覚で進学してしまったので、カレッジ生活でヒイヒイ言うことになったんですが(笑)

それでも学校で製菓・製パンを学んでいるうちに、

「これを自分の仕事にしていきたいな」という気持ちがどんどん芽生えていきました。

 

カレッジ在学中に運良くトロントでも有名なパティスリーに就職することができて、

パティシエとしての第一歩を踏み出すことができました。

私の従姉妹が日本でパティシエをしているので(正確にはしていたんですが)、

日本でパン屋さんやケーキ屋さんで働くことの大変さは知っていたつもりです。

海外で働くことは、日本で働くより楽だし自分の時間も充実させられる!とよく言われますが、

海外でもパン屋さんやケーキ屋さんはクリスマスやバレンタインの繁忙期は、

早朝から夜遅くまで、毎日14時間くらい立ちっぱなしで働きますよ〜。(休憩は少しだけ)

友達が働いているパティスリーでは、

前日夜まで働いてお店で仮眠をとり、翌早朝2時から仕事が始まる日もあるそうです。

結局どの国でも、これは大変な仕事だなぁと感じました。

 

それでも好きだから続けられる

 

でも、今のところ「もうBakingの仕事は辞めたい!」と思ったことはないです。

いつか自分がオーナーシェフになってお店を作りたいな、とも思いますし、

カナダで学んだことを教えるようなお菓子教室なんかもしたいと考えています。

もともと「何かを作ること」が好きで、それが「大好きなお菓子」だったということが、

続けられる原動力になっているのかもしれないですけどね♪

 

カレッジのコース選びを悩んでいる人へ

 

長くなってしまいましたが、

私がカレッジでBakingのコースを選んだ理由はこんな感じでした。

結果、この年になってもまた新しい夢が見つけられたし、

同じ志を持つ多国籍な仲間たち(元職場の同僚やクラスメート)も得られてとっても幸せです。

 

カナダでカレッジに行きたい人の中には、

将来カナダに移民するために有利な職種のコースを選ぶ人もいると思います。

それが自分の好きなこと、興味のあることならまったく問題ないですし、

学んでみて興味が出てくる可能性もありますが、

やっぱりあまり好きじゃない、興味がないことは結局続かないんじゃないかなぁと思うんですよね。

移民すること自体を目標にしてしまうと、

せっかく高い学費を払ってカレッジに行ったのにもったいない気がします。

カナダに移民するためにカレッジに行く人も、

「移民できたあとに、カナダでどんなことをしていきたいのか」

をしっかり考えて、それを踏まえてコース選びをするのがいいと思いますよ♪

 

Ruby Park

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です