【カナダ留学】カレッジ留学にかかった費用公開!どのくらいお金が必要なのか?


【カナダ留学】カレッジ留学にかかった費用公開!どのくらいお金が必要なのか?

留学ってものすごくお金がかかりますよね。

最近カナダのカレッジに進学する人が増えているようなので、

実際にトロントのカレッジに進学したときの費用を公開したいと思います。

これからお金を貯めて、進学したいという人の参考になればいいな〜と思います♪

 

カレッジ進学準備にかかるお金

 

カレッジに進学したい!と思ったときに、

まずは入学する方法を選ぶと思いますが、

ざっくり分けて

①カレッジの入学試験を受ける

②TOEFL、IELTSのスコアを取る

③語学学校でカレッジのトランスファーコースを受ける

④カレッジ付属の語学学校に入学し、条件付き入学をする

の4つだと思いますが、もっとも多いのが③なんじゃないかなぁと思います。

お金がかからない順番でいえば、①→②→③→④ですね。

今回は、私が検討した①と③について比較したいと思います。

 

カレッジの入学試験を受けた場合

 

私はこの方法でカレッジに入学したわけですが、

試験内容はほとんどのコースが英語のエッセイと、リーディングテストだと思います。

(私は数学のテストも受けました。ポートフォリオの提出が必要なコースもあります。)

入学試験にかかる費用は約40ドルほど。

受験する科目数によって多少違いはあります。

 

語学学校のカレッジトランスファーコースを受けた場合

 

日本人や韓国人の友達はほとんどこの方法で入学しています。

(中国人はお金持ちが多いので、カレッジ付属の語学学校から入学している人が多い。)

語学学校によって費用が違いますが、

トロントで有名なESCに通学する場合、

12週間/22.5時間のUCTPコースで4,305ドル、

さらにこのコースに入る準備クラスが必要な場合、

8週間で2,755ドル/4週間で1,380ドルかかります。

(2015年8月現在)

 

カレッジ在学中にかかるお金

 

私が通っていたGeorge Brown Collegeは公立のカレッジですが、

公立といえども留学生の学費はハンパなく高いです!

というのも、カナダの税金で運営されているので当然といえば当然ですが。

学費が高いといっても、おそらく日本の私立大学と同じくらい…か、もうちょっと高い。

 

気になるカレッジの学費は?

 

これもカレッジやコースによって多少金額が違いますが、私の場合。

実際にかかったお金をまるまる公開しちゃいます。

 

Winter 2014
Description Charge Payment Balance
Admin. Fee-Post Sec.Assistance

$30.00

$0.00

Admin. Fee-Post Sec.Athletics

$36.18

$0.00

Admin. Fee-Post Sec.Tech.

$55.00

$0.00

Admin. Fee-Post Sec.Graduation

$27.92

$0.00

Alumni Fee

$27.00

$0.00

Cdn Federation of Students Fee

$7.81

$0.00

Payment by semester

$0.00

$0.00

Student ID Card Fee

$12.00

$0.00

INTL APPLICATION FEES

$65.00

$0.00

Int.Pos-SecHealth Ins.

$466.25

$0.00

Locker rental fee (2 Semester)

$20.00

$0.00

Material – H108

$330.09

$0.00

INTL FEES-H108

$5,700.00

$0.00

Student Association Fee

$87.42

$0.00

Athletics Facility Bldg fund

$38.33

$0.00

Special Student Levy

$25.00

$0.00

VISA Payment-Thank you

$65.00

$0.00

VISA Web Payment-Thank you

$13,489.75

$0.00

Term Charges:

$6,928.00

Term Credits and Payments:

$13,554.75

Term Balance:

$0.00

 

Spring 2014
Description Charge Payment Balance
Admin. Fee-Post Sec.Assistance

$30.00

$0.00

Admin. Fee-Post Sec.Athletics

$36.18

$0.00

Admin. Fee-Post Sec.Tech.

$55.00

$0.00

Admin. Fee-Post Sec.Graduation

$27.92

$0.00

Cdn Federation of Students Fee

$7.81

$0.00

Material – H108

$330.34

$0.00

INTL FEES-H108

$6,440.00

$0.00

Refund

$742.95

$0.00

Student Association Fee

$87.42

$0.00

Athletics Facility Bldg fund

$38.33

$0.00

Cash Payment- Thank you!

$1,169.20

$0.00

Term Charges:

$7,795.95

Term Credits and Payments:

$1,169.20

Term Balance:

$0.00

 

なんだかよくわからないものにまで払っています。

一度も使ったことのない学校のジムの利用費とか。

カレッジに行く人は必ずジムを利用してくださいね!

学校の施設を利用していなくても、施設費用はちゃっかり取られていますよ〜。

ロッカーを借りるのも、もちろん有料です(笑)

 

基本の学費は2セメスターで12,140ドル。

BakingコースだったのでMaterial(材料費)が合計660.43ドル。

ちなみにこの表には載っていないですが、教科書代やユニフォーム代がさらに約1,000ドルほどかかりました。

まぁ、ざっと合計15,000ドルくらいではないでしょうか…

4セメスター行く人は、この2倍ほど費用がかかりますよって話。

カレッジの学費は年々上がっていくので、進学するならお早めに!

 

留学生はとにかく学費が高い!

 

カナダ人や移民の人は、実は留学生の1/3くらいの学費なんですよね。

だからけっこう簡単にドロップアウトする人も多いんです。

留学生はお金がかかってる分一生懸命頑張るので、成績がいい人が多いです(笑)

 

ファウンデーション(基礎)コースを取らないといけない場合

 

特に留学生は、英語力が不足している場合、

カレッジ英語クラスの前に基礎英語クラスを取らなきゃいけない場合があります。

私のコースは数学の基礎コースもありました。

この場合、学費はさらに上乗せになります(1クラスあたり約750ドル)

ただ、日本の大学を卒業している場合、

日本の単位をトランスファー出来る可能性があるので、

運が良ければその分の学費をリファンド出来ます。

私はパソコンのクラスの単位を移行して、運良く742.95ドルをリファンドできました!

(注:単位の移行ができても、リファンドはできない場合もあります。)

 

その他の費用

 

意外な盲点なんですが、カレッジ進学費用のほかに、

当然のごとく生活費がかかります

単純に計算すれば1か月の生活費 × カレッジに行く期間ですよね。

カレッジ進学希望者の人は、生活費のことも合わせてしっかり計画しましょう!

 

どれくらいかかる?生活費の参考

 

例)トロントTTC圏内のシェアハウスに住む場合

家賃 400〜600ドル

TTCメトロパス 1か月112.00ドル(Post-secondary student/2015年8月現在)

携帯代 1か月20〜40ドル

食費 1か月約200ドル

合計 732〜952ドル

 

目安ですが、大体こんな感じだと思います。

もちろん、ほかに交遊費や雑費がかかってくると思いますが。

生活費が大体1か月1,000ドルくらいだとして、

2セメスター(8か月)で8,000ドル/4セメスター(16か月)で16,000ドル。

夏の間は自転車通学にしてメトロパスを節約したり、

なるべく自炊するなどして節約するといいと思います。

 

カレッジ在学中にバイトはできるのか?

 

カレッジ留学生は、現在はOff-campus work permitがStudy permitに付随しているはずなので、

セメスター期間中は週20時間まで、夏休み期間中は週40時間まで働くことができます。

(Work permitのルールはころころ変わるので、CICのサイトを必ず確認してください!)

 

が!

カレッジの課題の量はかなり多くて、英語が母国語でない留学生にとっては正直かなり大変です。

グループワークなどもあるので、授業以外の時間に作業することもあります。

授業中に電子辞書で調べる余裕もないほどの英語のスピードなので、

(英語ネイティブがほとんどなので当たり前ですが)

しっかり予習&復習する必要があります。というか、いい成績を取りたいならした方がいいと思います。

 

カレッジ在学中にバイトをすることは可能だと思いますが、

バイトで学費を稼ごうとせずに、勉強の妨げにならない程度に、

せめておこづかい程度が稼げればいいか〜くらいのスタンスでやるのがいいと思います。

カレッジの授業に慣れてきたら、シフトを増やすのでもいいし。

 

私も最後のセメスターの後半から週1日、休みの日にインターンを始めましたが、

たった週1だけなのに課題をこなすのが大変になりました…

 

しっかり貯金してから進学するのがベスト!

 

結論はやっぱりこれなんですよね。

しっかり計画を立てて、しっかり貯金して進学するのがおすすめです。

心の余裕にもなるので、勉強に集中できますしね。

カレッジ自体にかかるお金が2セメスターで約15,000ドル/4セメスターで約30,000ドル、

生活費が8か月で8,000ドル/16か月で16,000ドル、

入学の方法で語学学校に行く場合は、プラス4,300ドル〜7,000ドル、

そのときの生活費がさらに3〜5か月で3,000ドル〜5,000ドル。

ざっくり見積もっても一番高い場合で、合計58,000ドル(約580万円/2年コース+語学学校+生活費21か月)。

一番安い場合でも、合計23,000ドル(約230万円/1年コース+生活費8か月)。

 

私は社会人時代に貯金したお金でなんとか賄える範囲の選択をしましたが、

お金が足りないけど今すぐ進学したい!という人は、

ご両親と相談したりするのもいいと思います。

決して安い選択ではないので、しっかり自分のやりたいことを考えて、

カレッジ進学を決めるようにしましょう!

 

Ruby Park

 



28,275 total views, 48 views today

  3 comments for “【カナダ留学】カレッジ留学にかかった費用公開!どのくらいお金が必要なのか?

  1. しらたまだんご
    4月 29, 2016 at 18:38

    こんにちは、私は現在社会人なのですがカナダのカレッジ入学したいと思っているのでこの記事はとても参考になります。それで、いくつかお聞きしたい事があるのですが、差し支えなければ軽くで良いですのでアドバイスをいただけないでしょうか…

    上の記事で、
    ①カレッジの入学試験を受ける
    ③語学学校でカレッジのトランスファーコースを受ける

    の二つが挙がっていると思います。
    私は今そんなに語学力がなく英語を話せる余蘊なりたいと思っているところですので、まず語学学校に留学しそれからカレッジ入学を、と考えています。そこで、
    ・語学学校のカレッジのトランスファーコースではなく一般英語クラスを卒業した後個人でカレッジの入学試験を受ける
    ・トランスファーコースを受ける

    どちらが費用を抑えられるでしょうか。
    もしこのような質問を受け付けていない、又はご存じないようでしたら、このコメントは無視していただいて構いません。
    それでは失礼いたします。

    • しらたまだんご
      4月 29, 2016 at 18:41

      誤字が激しくて申し訳ありません…!

      ✕ 英語が話せる余蘊
      ○ 英語が話せるように

    • rubypark
      5月 1, 2016 at 23:54

      しらたまだんごさん

      コメントありがとうございます!
      ご質問ですが、語学学校の費用は学校によって変わってくるので、
      学費の安いESL(一般英語クラス)へ行く+カレッジの入学試験を受ける、
      というのが、おそらく一番費用を抑えられると思います。
      しかし、現在の英語力のレベルにもよるとは思いますが、
      基本的にESLの一般英語コースでカレッジ試験のエッセイに対応しているところは少ないと思いますので、
      トランスファーコースを受けるとその対策もしてくれるそうです。
      実際にカレッジに入ると、課題でエッセイを書く機会も多いので、
      書き慣れていないのであればとてもいい練習になると思います。

      もしくはカレッジの入学試験をとりあえず受けてみて、
      もし合格できなかったらトランスファーコースなりIELTSなりに切り替える、
      というのでもいいと思います。
      私も入学試験がダメだったらそのつもりでしたので^^
      人気のあるコースだと定員がすぐいっぱいになってしまうことも多いので、
      早めに申し込むのがいいと思いますよ♪

      長くなりましたが、参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です