【カナダで妊娠・出産】効果てきめん?おすすめつわり対策グッズをご紹介!


マタニティ生活のなにが1番辛いかって、

妊娠初期にほとんどの妊婦さんが経験する「つわり」ですよね。

つわりの症状は人それぞれで、比較的つわりが軽い人もいれば入院するほど重い人もいますが、

延々と終わりが見えない日々は本当に辛かったです…

結局、妊娠5週目くらいからつわりっぽい気持ち悪さが始まり、

これといったピークはなかったものの安定期に入る頃にやっと終わったと記憶しています。

 

私のつわりの症状は主に「食べづわり」でした。

あと、24時間ずっと胃の中が消化不良のようにモヤモヤとして気持ち悪かったですね〜。

でも妊娠期間を通して、吐くことは一度もなかったです。(えずくことは何度かあったけれど)

よく言われるご飯の炊けるニオイも大丈夫でしたが、

冷蔵庫に入っているキムチと焼けたベーコンのニオイが完全にダメでしたね(笑)

そしてつわりによる味覚の変化もすごくて、肉や魚は一切口にできなくなり、

白米の炊けるニオイは大丈夫だったものの、食べることができませんでした。

なので、ひたすらフルーツとお菓子を食べ続けてました(笑)

妊娠初期は赤ちゃんへの栄養を気にしなくてもいいと言われていても、

あまりに栄養が偏りすぎていたので申し訳ないなぁ、と思っていましたけどね。

 

つわりに効いた!おすすめのつわり対策グッズはこれだ

 

妊娠する前からつわりにめちゃくちゃビビっていた私は、

できる限りの対策をしようと事前にいろいろ調べていたんです(笑)

そのおかげか、つわりの真っ最中でもパティシエの仕事を続けることができていたので、

(というよりも、仕事に集中していたほうがつわりを忘れられていたのかもしれませんが)

今思えばそこまでつわりが重くならずに済んだのかなぁ、と思っています。

なので、私がつわり対策に使ったおすすめグッズをご紹介しちゃいます♪

 

シーバンド



シーバンド SEABAND 乗り物酔い、妊娠中のつわり対策に!

 

日本でも言わずと知れたつわり対策グッズだとは思いますが、

「シーバンド」はもともと乗り物酔い対策のために作られたツボ押しのリストバンドです。

手首の内側にある「内関(ないかん)」と呼ばれるツボを刺激することによって、

乗り物酔いやつわりのときに感じる胃の不快感を和らげる効果があるんだそう。

 

でもこのシーバンド、その効果は人それぞれみたいで、

まったく効かないというレビューも見たことがあります。

ちなみに私は意外と効果があったタイプの人間でした(笑)

乗り物酔いとかも実は気の持ちよう、という話もありますが、

このシーバンドをつけていることによって「これで気持ち悪くならない!」と自己暗示(?)をかけることができたのかも。

妊娠中は口に入れるもの、特に薬やサプリメントなどは極力控えたい人にとっては、

副作用もなく安心してつわり対策ができるおすすめのグッズですよ!

 

Rainbow Light Prenatal One(プレナタルワン)

【カナダで妊娠・出産】効果てきめん?おすすめつわり対策グッズをご紹介!
プレナタル・ワン・マルチビタミン 150錠

 

日本でも妊娠中に葉酸を摂ることを推奨されていると思いますが、

ここカナダでは医師から妊婦用のマルチビタミンを摂取するように指導されます。

特にこれといって指定はないのですが、

いろいろインターネットで調べてみて良さそうなこちらのサプリメントを選んでみました。

このプレナタル・ワン・マルチビタミン 150錠は、

ヴィーガン・グルテンフリーの自然派なサプリメントだそうで、

つわり軽減に効果があると言われているビタミンB6の含有量も多いんだとか。

海外のサプリメントなので1粒がちょっと大きめですが、

つわり中に栄養が偏りまくっていた私の強い味方になってくれたと思っています!

 

ビタミンB6のサプリメント

【カナダで妊娠・出産】効果てきめん?おすすめつわり対策グッズをご紹介!

つわり軽減に効果があると言われている栄養素がビタミンB6。

特にこのブランドのものでなくても大丈夫ですが、

私は先ほどご紹介した妊婦用のマルチビタミンと合わせて摂取していました。

そのせいかモヤモヤとした胃の気持ち悪さはあったものの、

一度も吐いたりすることなく過ごせたのかなぁと思っています。

とはいえ、どんな栄養素も過剰摂取は逆効果なので気をつけてくださいね!

 

後期つわりの胃酸逆流対策に:TUMS(タムス)

【カナダで妊娠・出産】効果てきめん?おすすめつわり対策グッズをご紹介!
Tums タムズ Antacid Assorted Fruits Extra Strength 750 330chewable tablets 【平行輸入品】【海外直送】

 

つわりは妊娠初期だけでなく、

お腹が大きくなって胃が圧迫される妊娠後期にも起こることがあります。

私は妊娠初期のような、常に胃がモヤモヤ気持ち悪いことはなかったんですが、

ときどき胃酸が喉元まで上がってきているかのような胸焼けが起こることがありました。

そんなときに役立ったのが、このTUMS(タムス)というサプリメントです。

TUMSは胸焼けや胃酸過多などに効果があるほか、

カルシウム補給もできるラムネのようなサプリメントです。

いろいろなフレーバーがあるんですが、味がおいしいと感じたのはベリーミックス味でした♪

妊娠中の女性は1日に摂取できる上限数があるので、

しっかり摂取量を確認するようにしてくださいね。

 

※ご紹介したサプリメントは、かならず担当医の指示に従って摂取するようにしてください。

 

参考までに個人的に大丈夫だった食べ物リスト

 

コーラ味のグミ(酸っぱいタイプ)

キシリトールガム

フルーツ系のキャンディ

アルフォートのようなチョコレートビスケット

キットカット

コストコのピンクグレープフルーツシロップ漬け

ヨーグルト

お好み焼き、うどんなど

カップ焼きそば

アイスクリーム、シャーベット

バナナ、いちごなどのフルーツ

 

こう見てみると、本当に栄養が偏りすぎてますね…

つわりの時期は、本当にお菓子とフルーツばっかり食べていました。

不思議なもので、つわりが終わるとお肉もお魚も全然大丈夫になるんですよね。

それでも初期は仕方がない!と割り切って、食べられるものだけ食べていましたが、

特に体重が増えすぎることもなく、

その後のいろいろな検査でも何にも引っかかることなく順調だったので、

つわりで苦しんでいる人は無理せず、食べられるものだけ食べればいいと思います。

今回ご紹介したつわり対策グッズもきっと役に立つと思うので、

参考にしてみてくださいね!

 

Ruby Park

 

3,883 total views, 2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です