【英語学習】臨月妊婦がIELTS受験してきた話


以前これからの目標の一つに「英語学習」を掲げ

その指標としてIELTSというテストの受験をする!と決心したのですが、

さっそくIELTSを受けてきて結果が出たのでご報告したいと思います。

私が初めてのIELTSを受験したのはなんと臨月のとき (笑)

出産後しばらくして落ち着いてから受験してもよかったのですが、

とりあえずどんなものか受けてみようと思い立ったため、準備期間約1ヶ月という無謀な状態で受験してきました。

高い受験料を払うのにほぼノー勉で受験するなんて勿体ないことをしましたが、

今の自分の実力を試す良い機会だと思って納得するようにしました。

 

IELTSの受験の流れはざっくりこんな感じ

 

試験会場にもよるかもしれませんが、IELTSは早朝から試験がスタートします。

7時45分から開場して受付が始まり、8時30分までには必ず受付を済ませなくてはいけません。

試験会場はアカデミックモジュールとジェネラルトレーニングモジュールで異なり、

それぞれの会場で試験官の指示があるまで待合室で待機します。

各部屋に順番に案内されて決められた席に着くと、スピーキングテストの時間が確認できます。

ちなみに、スピーキングテストの時間は追加料金を支払うとアレンジできるそうです。

 

9時からリスニングテストが始まり、休憩なしでリーディングテスト、ライティングテストと続きます。

ライティングテストが終わると昼食休憩を挟んでスピーキングテストが始まりますが、

試験官と1対1の対面テストなので午後1時30分から6時30分までの間に時間が割り振られます。

どの時間に割り振られるかは当日にならないとわからないので、IELTSの試験日は丸1日フリーにしておく必要があります。

 

試験会場には何を持っていけばいいの?

 

IELTSは紙ベースの試験なので鉛筆と消しゴムを使用しますが、それらは会場で配布されるので持ち込みできません。

持ち物に関してはかなり厳しくチェックされるようで、試験会場に持ち込めるのはIDと水の入ったペットボトルのみ。

それもラベルを剥がした状態でないといけないので、ボトルに直接模様が入ったものは試験官の前の机に置いておくように指示されている人もいました。

貴重品類はフロントに預け、持ってきたバッグなどは別室に置いておきます。

試験会場に入る前にIDチェックがあるので、IELTSの試験を申し込む際に使用した同じIDを忘れずに持っていくようにしましょう!

 

試験中にトイレって行けるの?

 

これが私にとってIELTSを受験する上での1番の死活問題でした (笑)

なぜなら妊娠すると非常にトイレが近くなるので、水分を取っていなくても1時間に1回は尿意が来るレベル。

それなのに3時間もトイレ休憩なしでぶっ続けのテストを受けられるはずがない。

 

…というトイレの近いそこのアナタ、心配ご無用ですよ!

自分の解答時間を犠牲にする必要はありますが、試験中にトイレに行くことはできます。

テストが始まる前の説明の時間とテストが終わる10分前はダメですが、

それ以外の時間だったら手を上げてトイレに行きたいことを試験官に伝えれば大丈夫です。

 

実際に試験を受けてみての感想

 

リスニング

 

リスニングはサンプル問題が流れたあと本題が一度だけ流れるので、

聞き取りながらポイントとなるワードを書き留めなくてはいけません。

一度しか問題文が流れないと思うと緊張してしまいますが、

聞き取れなかった部分は潔く諦めて切り替えることが重要かなと思いました。

聞き取れなかったことを引きずっていると、そのあとの問題も頭に入ってこなくなりがちです。

IELTSはイギリス英語で北米在住者には聞き取りにくいという噂ですが、

カナダに住んでいるといろいろな国の言葉訛りの英語を聞いているので、

イギリス英語自体はそこまで難しくない印象でした。

でも、セクションが進むごとに聞き取り内容がどんどん長く難しくなるので、

そのへんの対策はきっちりしないとダメだったな〜と思いました。

 

リーディング

 

リーディングはアカデミックとジェネラルで試験内容が異なり、

アカデミックはテストの目的が留学や海外進学のためなので、新聞や科学雑誌などの学術的な内容だったり、

グラフやチャートなどを読み解く問題が出る傾向にあります。

ジェネラルは海外移住や永住権取得の際に英語力を測るために使われるので、

アカデミックよりももっと日常的なトピックが出題される傾向にあります。

ちなみに私が受験したのはジェネラルトレーニングモジュールです。

リーディングは時間配分とIELTSに特化したボキャブラリーの習得の訓練をすれば、

スコアをぐんと伸ばせるんじゃないかな〜という印象でした。

特に時間配分は大切!私はリーディングの時間配分を余裕を持って設定し、

残り数問というところでトイレ休憩に行きました (笑)

 

ライティング

 

ライティングはタスク1とタスク2があり、タスク1は手紙やメールを書く内容で、

タスク2はいわゆるエッセイ方式でイントロダクション→ボディパラグラフ→コンクルージョンを全て書く必要があります。

エッセイに関してはカレッジ時代に嫌というほど書かされたので、

どのように論理展開していくのかというのはわかっていたのですが、

アイデアがあまり浮かばずタスク2はコンクルージョンまで書ききれずに惨敗… (涙)

タスク2の方が配点も高いのでしっかり書くべきだったのですが、完全に準備不足でした。

ライティングはひたすら多くのエッセイを書く練習をするのがスコアアップの近道かな、と思います。

 

スピーキング

 

今回のIELTS受験でもっとも酷かったのがこのスピーキングテストでした…

準備時間もなかったのでほぼぶっつけ本番だったわけですが、

トピックがまったく興味のない内容が出てきて、日本語でも答えるのが難しかったです。

本当にカナダに6年も住んでたの?っていうくらいしどろもどろで、自分でも何を話しているかわからなかったです (笑)

が、これもしっかり対策をしてチューターやオンライン英会話などで話す練習をすれば、

スコアアップを十分狙えるような気がします。

普段ほとんど英語を話していないツケがここで回ってきてしまいました…

 

ほぼノー勉の臨月妊婦、試験結果は…

 

さて、IELTSの受験日から約2週間後、テスト結果がわかります。

気になる人はIELTSの試験本部にテスト結果を受け取りに行くこともできますし、

オンラインでテスト結果を確認することも可能です。(さらに待っていれば自宅に郵便で届きます)

カナダ滞在歴約6年、現地カレッジにも通っていたことのある私ですが、

仕事を辞めてからは英語を話す機会もめっきり減ってしまい、なおかつ試験対策期間1ヶ月のみ。

果たしてそのテスト結果は…

 

リスニング 5.0

リーディング 5.5

ライティング 5.5

スピーキング 5.0

オーバーオール 5.5

 

という結果でした〜!

やはりバンドスコア6の壁は高かったです…

が、ライティングもタスク2の半分は時間がなくて書くことができなかったし、

スピーキングも終始しどろもどろでまともに回答することができなかった気がするのですが、

思ったよりはスコアが取れているなぁという印象。(スピーキングは4以下だと思っていました)

しかしIELTS経験者の話によれば、バンドスコア5から6に上がるのはそれなりに努力しないと大変らしい。

リーディングとライティングのほうがスコアがいいのは典型的な日本人という感じでしょうか。

 

ちなみに約1ヶ月のIELTS対策で使っていた教材はこちら。


洋書(ORIGINAL) /Cambridge IELTS 12 General Training Student’s Book with Answers with Audio: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests) (英語) ペーパーバック ? 2017/7/6

リスニングの対策もしっかりやりたければ、少し値段は高いですがオーディオ付きのものがおすすめ。

私が使用していたのは12ですが、現在は最新の13が発売されているようですよ!


Cambridge IELTS 13 General Training Student’s Book with Answers with Audio: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests) (英語)

 

IELTS向けのボキャブラリー強化にはこちらの参考書がおすすめです。


Essential Words for the Ielts: With Downloadable Audio, 3rd Edition ESSENTIAL WORDS FOR THE IELTS [ Lin Lougheed ]

日本語の対策本だとこれがシンプルで使いやすかったです!

実践IELTS英単語3500 International English Lan [ 内宮慶一 ]

 

まとめ

 

勢いで受験したIELTSでしたが、ライティングとスピーキングに非常に悔いが残る結果となりました…

普段の英語学習はもちろんですが、時間配分などIELTSに特化した対策も必要だと感じました。

でも産前ギリギリかつ臨月だったとはいえ、早めにIELTSを経験しておいてよかったと思います。

今は産後間もなく日々バタバタしていますが、しばらくして落ち着いたらまたトライしてみたいなぁと思います!

 

Ruby Park

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です