【ご報告】4年間住んだ家を引っ越します!


Apartment image photo

ここのところずっと風邪を引いていたり色々とバタバタしておりお久しぶりになってしまいましたが、

我が家は2018年4月末に、ついに4年間住んだ家を引っ越します!

ここ最近はいよいよ引越し準備も本格的になってきて、日々忙しく過ごしています。

 

2014年4月のカレッジ在学中に旦那さんと一緒に入居したこのアパートメントでしたが、

それからカレッジ卒業、パティスリーに就職、結婚、妊娠&出産して新しい家族も迎え入れたりと、

この4年間で数え切れないほどの思い出がたくさん詰まった思い入れのある家でした。

しかもTTCの駅から徒歩2分の好立地!

4年前に比べて今ではかなりレント代が跳ね上がっているので、この家賃でこの立地の部屋を探すのはほとんど不可能な気がします。

 

じゃあなんで引っ越すのかって?

理由は2つあり、

①旦那さんの会社が移転するため、この家からだと職場が遠くなってしまった

②娘が成長し、この家の広さでは窮屈になってしまった

というのが主な引越しの動機になります。

 

①の理由が「よし、このタイミングで引っ越そう!」と思った一番のきっかけになったのは確かですが、

何を隠そう、今の我が家はバチェラールーム (Studio) なんです。

バチェラールームまた Studio というのは、いわゆる日本でいうワンルームのことを言い、

バチェラー【bachelor】=独身者の住むサイズの部屋、ということなのです。

とは言っても、日本のワンルームよりは部屋の広さも2倍近くあり、エントランス部分やキッチン、

バスルーム、収納、バルコニーなどもそれぞれ十分な広さがあるので、

カップルで住む分には各々のプライベートな空間がないという点以外に大きな問題はないと思います。

 

が、子どもが生まれて成長するにつれて、初めは寝ているだけの赤ちゃんがはいはいするようになり、

そして歩くようになって行動範囲がどんどん広くなり、

さすがに3人分のモノがあちこちに散在しているバチェラールームでは手狭になってきてしまいました。

というわけで、この機会にもう少し広めの家に引っ越そうと決意したのでした。

 

新しい家については運良く友達が紹介してくれたところにすぐ決めることができたので、

あとは今の家を退去して引越しするのみとなりました。

家探しについては以前の記事にも書いたのですが、

今度は退去の仕方から引越し方法についても、引越しが落ち着き次第記事にしたいと思います。

まだまだ春が来る気配のないトロント、風邪を引かないようにお過ごしください!

 

Ruby Park

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です