トロントで節約生活はじめました!賢く出費を抑える方法とは?


トロントで節約生活!賢く出費を抑える方法とは?

私が妊娠をきっかけに仕事を辞めたのがもう1年半くらい前になりますが、

それからというもの、旦那さんのシングルインカムで生活をするという必要性がありました。

子どもが生まれるまでは今まで自由に使えていたお金も、

主に子どものおむつや食べ物やおもちゃなどに使うようになり、

その使途についても大きな変化がありました。

トロントの家賃もどんどん上昇していって、本当にバカにならないくらい高い!

今ある収入のなかで賢く出費を抑えてしっかり節約し、家族のために貯金をしようと節約生活をはじめました。

今回はトロントで節約生活をするポイントをご紹介したいと思います。

 

1番の節約はやっぱり自炊!

 

トロントは外食費がめちゃくちゃ高い!まぁそれだけ量も多かったりするんですが、そんなに食べられないので…

それとチップの習慣がある&税金が高い (13%) なので、例えばラーメン1杯12.50ドルだとしても、

12.50 × (12.50 × 13%) = 14.13、さらにチップを10〜20%くらいサービスに合わせて支払うと、

だいたい16〜18ドルくらいになるでしょうか…ラーメン1杯で。

日本食が食べたい!となると比較的日本食材って高めですが、それでも外食するよりは安いです。

それに、お米や野菜、肉、魚、乳製品など、食材そのものの (加工していない) 場合は税金がかかりませんので、

そのままの値段で購入することが可能です。

我が家は1週間分の野菜を八百屋で買っても、だいたい15ドル以内で収まることが多いですよ〜。

 

食材はまとめ買いがお得!

 

コストコなどでもそうなんですが、食材はできるだけまとめて買ったほうがお得です。

玉ねぎやじゃがいもなども、バラで買うよりも10LBまとめて買ったほうが安かったりします。

コストコでは特にお肉や魚がお得で、豚ひき肉はだいたい2.8kgで12.60ドルくらい。

我が家では1ヶ月に1〜2回ほどコストコに行って、お肉や魚などを中心にまとめて購入し、

それから2〜3週間分のストック (お弁当のおかずなども) を冷凍保存しています。

 

メトロパスの節約:自転車で健康もGET!

 

トロントの公共交通機関といえばそう、TTC (Toronto Transit Commission) です。

TTCを毎日利用する人にとって欠かせないものが、メトロパスと呼ばれる1ヶ月間乗り放題の定期券のようなものです。

このメトロパス、トロント市内のサブウェイもバスもストリートカーも乗り放題で便利だけれど、

毎年運賃が上がっていて、2017年は1ヶ月$146.25 (ポストセカンダリーの場合$116.75) です。

数年前は100ドルちょっとだったような気がするんですが…

メトロパスを買うのが勿体無い!という人は、夏の間だけでも自転車を利用するとメトロパス代の節約になりますよ。

もし引越しを考えている人は、学校や職場から近いところを選ぶのもいいですね。

 

ケータイどれだけ使ってる?プランの見直しを

 

毎月ケータイってどれくらい使っていますか?今やLINEなど無料通話できるアプリが発達したおかげで、

毎日 ”ケータイの機能で” 電話やメールする人ってかなり少なくなったのではないかな〜と思います。

ここカナダは公共の無料Wi-Fiがかなり浸透しているので、

ほとんどのカフェや駅構内、図書館などでWi-Fiを利用することができます。

日本ではスマホを持つとデータは使い放題のプランにほぼ強制的に入ることになると思いますが、

それでもそこまで月々の使用料って高くないですよね。

でもこちらでは、データ使い放題のプランってめちゃくちゃ高いんです!

なので、外出先ではカフェや図書館でWi-Fi利用できれば十分という人は、データなしのプランが安くておすすめ。

たまにケータイ会社のキャンペーンなどで、データ付きプランがお得な時などもあるので、

データ付きプランに変えたいという人はキャンペーンを狙って契約するようにすると◎。

あんまりケータイ使ってないけど使用料が高い気がする…と思っている人は、

定期的にケータイのプランを見直すようにするといいですよ〜。

 

銀行で手数料取られてない?

 

意外に知らないうちに取られているのが銀行の手数料。

こちらの銀行は口座維持手数料がかかるのが普通ですが、銀行によってその手数料の金額に違いがあります。

学生であれば口座維持手数料が無料になることが多いので、学生の人は銀行で学生用アカウントに変えましょう。

それ以外の人でも、口座の種類によっては最低金額○○ドル以上で口座維持手数料無料、という場合があるので、

できるだけその金額を下回らないように口座にお金を入れておきましょう。

また、口座によって月々のトランザクション (デビット利用や引き出し) 回数が決められているので、

その回数を上回らないように、例えば月に1回まとめてお金を引き出すとか、

デビットの利用回数を把握しておくなど、銀行手数料を取られないように気をつけましょう!

 

バイトをする場合は飲食店がおすすめ

 

カレッジを卒業して自分の専攻の職種へ就職する…という場合は難しいと思いますが、

ワーホリなどで生活費を節約しながらお金を稼ぎたいという人にはやっぱり飲食店でのバイトがおすすめ。

特にレストランの場合はまかないが出ることが多いので、食費をぐっと抑えることができます。

トロントでは日本食は高めなので、ジャパレスで働くと日本食もまかないで食べられるのでいいですよね〜。

せっかくカナダにワーホリに来たのに日本人環境で働くなんて…と思う人も多いと思いますが、

 

上手く節約するという面で見れば、個人的にはジャパレスで働くのも悪くないと思いますね。

 

休日は公園でのんびり過ごす、寒い日は図書館で読書が◎

 

これから寒くなってくるとなかなか公園で過ごすことは厳しくなってくるのですが、

トロントにはたくさん公園があるので、天気がいい暖かい日は特におすすめです。

1歳児がいると家の中だけでは間がもたないので、ほぼ毎日近所の公園に遊びに行くのですが、

夏場はスプラッシュもあり遊具もたくさんあって、なんといっても無料だし子連れには本当にありがたいです。

寒くなってきたら図書館で読書したり勉強するのもおすすめ。

だいたいの図書館にはキッズスペースもあるので、子連れでも十分楽しむことができますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか?ほかにももっと節約方法があると思いますが、とりあえず思いつくことをご紹介しました。

トロントは決して物価が安くないので(特に外食費や家賃など)、

自炊してみたりお金のかからないレジャーを楽しむということが苦しい節約生活にならないコツじゃないかなぁと思います。

あとは無駄な出費をとことんなくすこと!ケータイ代や銀行の手数料などがそうですね〜。

 

でもあんまり厳しくしても辛くなるだけなので、やっぱり無理しない範囲で楽しんでやりくりすることが一番ですね!

私もこれから節約生活がんばっていきたいと思います〜。

 

Ruby Park

 



2,566 total views, 6 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です