【カナダ留学】シェアハウスとアパートメントを探す方法と借りる方法について


Apartment image photoカナダに留学、またはワーホリに来る人たちが住む家は、

ほとんどがホームステイかシェアハウスだと思います。

1年以上の長期で留学する場合、アパートメントに住むという選択肢もあります。

シェアハウスの探し方、借り方については知っている人が多いと思うのでそこはざっくりと、

今回は主にトロントでアパートメントを探す方法、借りる方法について、

私の実体験を踏まえてご紹介します♪

 

シェアハウスを探す方法と借りる方法について

 

インターネットで探すか友達から紹介してもらうのが基本

一番簡単な探し方は、やっぱりインターネットで探す方法ですね。

ただ、たまにあまり良くない物件なども紛れ込んでいるので注意が必要。

その点では、友達から紹介された物件であればまだ安心感がありますね。

ちなみに、私は今まで住んでいたシェアハウスは全部インターネットサイトで見つけました。

借りる方法は、早い者勝ちってところがほとんどじゃないかなぁと思います。

デポジットを入金したら、入居決定っていうところも多いです。

 

ここだけは譲れないポイントをしっかり決めておこう

シェアハウスの見学に行く前に、ここだけは譲れないポイントを決めておくと、

これ!っていう物件が見つかったときにすぐに決めやすくなると思います。

例えば、ベースメント以外の部屋がいいとか、友達を家に呼んでもOKとか。

私の場合は、サブウェイの駅から歩いて行ける立地条件と(冬にバス停で待ちたくないから)、

バスルームのシェア人数が2人だけと(トイレに行きたいときに行ける可能性が高くなるから)、

部屋の清潔感があること(かなり重要!)がシェアハウス探しのポイントでした♪

迷っている間に他の人に決まってしまう可能性があるので、

これらのポイントを踏まえていい物件があれば、さくっと決めてしまうのもいいと思いますよ!

 

シェアハウス探しのおすすめサイト

定番ですが、日本語のサイトといえばこちら。

 

e-Maple(トロントの情報が多い日本語のサイト。日本語で探せるので、英語が苦手の人でも比較的簡単に探すことができます。)

bitsLOUNGE(こちらも日本語のサイト。e-Mapleにはない物件もあるので、合わせて探してみるといいですよ!)

 

英語環境のシェアハウスを探したい場合のサイトはこちら。

 

Kijiji Toronto(現地の人も利用している英語のサイト。アパートメントやコンドの情報も多いです。)

Craigslist Toronto(こちらも現地の人がよく利用している英語のサイトです。仕事探しにもけっこう使えます。)

 

アパートメントを探す方法について

 

インターネットで探すか歩き回って探すのが基本

ここでいうアパートメントの探し方は、シェアではなく自分がテナントとして管理会社と契約するケースです。

トロントにあるいわゆる「アパートメント」という物件は、

個人のオーナーではなくアパートの管理会社が運営しているものが多いです。

なので、アパートメントを借りる場合の交渉は管理会社と直接行います。

アパートメントを探す場合、viewit.camyhood.caなどのサイトで探すこともできますが、

インターネット検索では出てこないアパートメント物件もあるので、

実際に住んでみたい地域を歩き回って探すのがおすすめです。

 

アパートメントの前に空室情報が出ている

歩いて探し始めると、アパートメントの前に「Vacancy」の看板があるのに気づくと思いますが、

そこに現在の空室状況が掲示されています。

Vacancyの掲示を見て空室があったら、直接管理会社に確認に行きます。

運が良ければ、そのままその部屋の中を見学することもできますよ!

 

探し始めるのは入居したい月の2か月前から

基本的にトロントのアパートメントは2 months  noticeなので、

入居したい月の2か月前から探し始めましょう。

人気のあるアパートメントの場合、すぐに空室が埋まってしまうので、

すばやく行動することが大切です。

月の途中から入居できる場合もありますが、

基本的には月始めの入居になることが多いと思います。

 

アパートメントを借りる方法について

 

契約は基本的に1年以上

アパートメントの最初の契約期間は1年が基本で、

それ以降の更新時には1か月毎の更新契約、または1年単位の契約など選べるケースがあります。

中途解約する場合はペナルティなどがある場合があるので、

しっかりと事前に管理会社に確認することが大切です。

また、アパートメントによっては光熱費が家賃込みではないところもあるので、

こちらも合わせて確認しておきましょう。

(インターネットは個人で契約する必要があります。)

 

家具はほとんど備え付けてないところが多い

シェアハウスの場合はベッドやデスクなどの家具があるところがほとんどですが、

アパートメントを借りる場合はほとんど何もない状態です。

私たちの部屋の場合、もともとあるのは冷蔵庫とガスオーブン付きの電気コンロくらいでした(笑)

なのでテーブルやベッドなどを購入するための初期費用がかかるので、

引っ越してから数日は家具を買い揃えるのが大変という点があります。

キッチン道具なども何もないので、食材や水があっても料理できないという(笑)

自分の好きなものを買い揃えられるという点はいいのかもしれませんね!

前のテナントから家具のテイクオーバーがあれば、

もっと安く済ませられる可能性もあります。

 

契約時に必要なものの参考(私たちの場合)

では、実際にアパートメントを契約したときに必要だったものをご紹介します。

管理会社によって必要なものは異なるので、参考程度にしてみてくださいね!

 

①最初の月と最後の月の家賃デポジット(マネーオーダーか小切手で)

②収入の証明書(給与明細とか)

③フォトID(パスポートでOK)

④今現在住んでいる家のオーナーの名前と電話番号

 

私が契約した当時はカレッジに通っていて②の収入の証明書がなかったので、

銀行の残高証明書を提出しました。

いくらくらいあれば大丈夫とかの目安は特にないとは思いますが、

残高はたくさんあるに越したことはないです。

ちなみに④が聞かれるのは、実際に管理会社からオーナーに電話が行くからです。

私が前に住んでいた家のオーナーによれば、

ちゃんと毎月家賃の支払いが遅れずに支払われているかや、

生活面で問題ないかなど聞かれたそうです。

 

部屋探しは根気とタイミングが大事!

シェアハウスにしろアパートメントにしろ、

部屋探しに一番大切なのは「根気」と「タイミング」ですよね。

納得の行く部屋を見つけるまであきらめずに根気よく探し続けて、

これ!という部屋に出会ったら、迷わず契約するのがポイントだと思います。

決定を待ってくれる物件であれば、多少悩んでも大丈夫ですし。

カナダ生活を送る上で、住む場所というのはかなり重要事項なので、

妥協せずにお気に入りの部屋を見つけましょう♪

 

Ruby Park

 

2,941 total views, 2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です