秋の味覚をしっかり味わう♡ほくほく栗入り食パンと、パンの発酵方法について


秋といえば、栗やさつまいも、かぼちゃやブドウなど、

おいしい食べ物がたくさんありますよね♪

特に、栗やさつまいもを使った新作スイーツが楽しみな季節です。

今回は、いつもの食パンに甘栗を練り込んだ、ほくほくの栗入り食パンです!

 

Chesnut Loaf Bread on rubyparkbaking.com

食パンには牛乳を使用して、

しっとり感とほんのり甘みを加えました。

甘栗ではなく甘露煮の栗を使用すれば、

見た目も鮮やかで甘みも強くなります。

 

Chesnut Loaf Bread

今まで使用していた発酵器(のようなもの)がついに壊れて、

新しい発酵方法をインターネットで必死に調べていました(笑)

それは水を張ったフライパンの上に天板を乗せて、

保温くらいの温度で湯煎状態にするもの。

今までの発酵方法よりも、天板の熱伝導率のほうが高いので、

発酵時間が少し短縮できました!

ただし、ずっとコンロのスイッチをオンにしているので、常に気にしていないと危険ですが…

カナダのキッチンはガスではなく電気コンロなので、

ずっとスイッチをつけていても比較的安心感はあります。

 

ちなみに、冷蔵庫の上が温かい場合は、

そこに置いておくと発酵器代わりになりますよ♪

我が家の冷蔵庫は、上の部分が全然温かくないんです。むしろ冷たい。

なので、天気のいい日だったらバルコニーに置いて太陽の光を利用したり。

冬はコタツがあると便利ですよね!

発酵器が欲しいなぁ〜と思いつつ、

キッチンのスペースがないので、しばらくは湯煎方法で発酵させようと思います!

 

Ruby Park

 

秋の味覚をしっかり味わう♡ほくほく栗入り食パン
 
作成:
分量: 23 × 13 × 6.5cmローフ型1本
材料
  • 強力粉 300g
  • ドライイースト 4g
  • 塩 4g
  • グラニュー糖 30g
  • 卵黄 1個分
  • 牛乳 170〜180g
  • バター 20g
  • 甘栗または栗の甘露煮 120g
作り方
  1. 栗は適当な大きさにカットしておく。
  2. 強力粉、ドライイースト、塩、グラニュー糖、卵黄をボウルに入れ、牛乳を加えてまとまるまでしっかり捏ね上げる。
  3. グルテンが出てきたら、バターを加える。さらにグルテンが強くなるまで、しっかり捏ねていく。
  4. グルテンの薄い膜が張るようになったら、全体をまとめてボウルに入れ、ラップをして約1時間発酵させる。
  5. 倍くらいの大きさに膨らんだら、ガス抜きをして丸めなおす。ラップをかけて、ベンチタイム10分。
  6. 台の上に適量の打ち粉をふり、めん棒で記事を長方形に伸ばしていく。横の長さは型に合わせるようにする。
  7. カットした栗を生地の上に広げて、手前の方から丁寧に巻いていく。きつ過ぎず緩すぎず、適度な強さで巻くようにする。
  8. 巻き終わりが下に来るように、型に生地を入れる。軽くラップをかけて、約30〜45分間発酵させる。
  9. オーブンを180度に予熱する。
  10. ブラシで丁寧に卵を塗り、オーブンで18〜23分間焼く。焼き終わったらラックに移して完成!
コツ・ポイント
甘栗の場合は甘さが控えめなので、甘さが欲しい人は砂糖の量を少し調整してください。

 

 

1,148 total views, 2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Rate this recipe: